心が荒む

生活苦になると、車や別荘を手放す人が多くなります。
とくに、大型車を手放すのです。
そして、交通手段をバスや電車にかえます。

 

生活苦の人は、あまり遠い場所へと旅行をする事はありません。
いつも近い場所で済ませます。
家族旅行でも、近場の温泉や遊園地などで済ます事が多いのです。

 

それに、生活苦の人は、元気がありません。
いつも苦しんでいるような表情をしています。
笑顔が少なく、寂しい顔をしている事があります。

 

そういった人を見ると、なんだか気の毒だなと感じます。

 

一緒にどこか行こうと誘っても断り、何か手助けできる事があれば言ってと言っても駄目です。

 

そのうち、その生活苦で悩む人は、もう自分は駄目な人間だと思うようになるのです。
自分を追い詰めてしまう事があり、とても可愛そうに思えます。

 

その人は、あまり姿を見せなくなります。
どうしているのかなと思えば、遠い場所へと引っ越してしまったと言います。

 

今は、どこで何をしているのかと寂しくなり、会って、相談に乗ってあげたいなと思うのです。

 

生活苦は、その人の人生も変えてしまいます。
その人の家族の人生も変える事になってしまいます。

 

子供にはあまり責任が無いだけに、気の毒だと思うのです。